2012年08月01日

大好き♪「ストックホルムのキッチン」

今日から八月・お暑いですね・つれづれ@あつこです。
気がかりだったお天気も何とか花火大会に差し障りはなさそう・・・良かったっ。
函館市の80歳をお祝いに今日は外国からもお客様がお見えです。
嬉しいですね。

明日の番組には高陽市の副市長さんが登場します。
花火大会のご感想も伺いましょうね。

フランクフルトは文豪ゲーテの生誕地!そして見本市と金融の町!
本日のゲスト伊藤晶さんは、金融マンとして各国の仲間とともにここでお仕事を
なさってたんです。
すっごいなあ。
世界の気質比べを体感なさったそうで、番組でも面白おかしく教えてくださいま
した。

ドイツといえば?
赤ずきんちゃん!ビール!ソーセージ!ライン下り!ポルシェ!(笑)
ちょっと支離滅裂ですが行ってみた〜い♪でしょ?
初めてのドイツ♪るるん。
教えていただく予定は、晶さんのご主人。
長年ドイツで旅のお仕事をなさった後、ドイツで出会った晶さんと函館へ!
どんな方かなあ。

ところで、函館とゆかりのあるドイツ人といえばプロイセン人ガルトネル。
文久元年(1861)に函館に渡来し、今も七飯町の国道5号線から見える”ガ
ルトナルブナ林”と関わりのある兄弟です。
(はこだてと外国人居留地〜ドイツ・諸外国編)
この記事に関しては、この研究会の岸代表が詳しく記してらっしゃいます。
番組へは3月20日(火)の人ネットで、編集長の清水さんと岸さんがご出演く
ださいましたね。


「外国」ってどんなところなんだろう・・・
子供の頃、絵本や物語の中にある「外国」は不思議と驚きの国。
背伸びし始めた頃に出会った映画や音楽はそんな思いを増幅させて、いつかしか
旅を実現することも可能になりました。(笑)
もし時間とお金がいっぱいだったら、どこに行く?

う〜ん・森と湖のスカンジナビアの国スェーデンも「暮らし」の豊かさで魅力的
でしょ♪
スェーデンハウスの増田さんとは「暮らしの豊かさ」で話が盛り上がっちゃいま
した。

 シンプルで素朴なぬくもりが感じられる北欧の暮らし
 やわらかい光の中、やさしい時間が流れる
 ストックホルムのキッチンはこころがほっとする場所

これはジュウ・ド・ポゥム著の「ストックホルムのキッチン」の帯に記されたフ
レーズ。
主婦の友社から1800円で出版されてます。

キッチン大好き!のつれづれ@あつこは、細部にわたり食い入るようにページを
チェック。
ほんの少し暮らしに生かしてます♪へへ。

〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜

海に囲まれた暮らしをしていると、いつのまにか海の向こうに思いを馳せるのか
もしれません。
インターネットやフェイスブックでいつでもどこでも誰とでも繫がってなどいな
かった時代のことです。
自分が見聞きし知った限りの経験と想像力を膨らませて作り上げた「あこがれ」
は、あるかもしれないしないかもしれない「架空」の世界。
だからこそ思いっきり好きなだけ空想にふけってたんでした。(笑)

知らないことを知る楽しみ。
八月もいろんな学びがありそうです。
今月も「暮らしつづれおり」をよろしくね♪

※ 今月から番組担当がちょっとだけ替わりました。

毎日のブログの担当は木村保絵に代わって大谷芽美。
いるかで一番若い(たぶん・・・)元気いっぱいのスタッフです。
ゲストさんと私のやり取りをどんふうに感じて表現してくれるかな・とっても楽
しみ♪
番組とあわせてお楽しみくださいませ。

八月もご一緒に♪つれづれ@あつこ
posted by やまがたあつこ&FMいるかスタッフ at 18:48| つれづれ@あつこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。