2012年07月15日

「七月は文の月♪」

ごぶさたごめんなさ〜い・・・つれづれ@あつこです。
7月というのに怪しい空模様が続いていますね。
雨模様のおかげかなあ?紫陽花の花が色づいてきました・・・。
鎌倉の紫陽花寺に憧れて、庭の片隅をあじさいだらけにしたことがあります。
色の変化の不思議さもさることながら、霜が降りる頃まで花を保ち続ける健気さ
に魅了されちゃいます。
けれど色が変化することが嫌われた時代もあったんです。
江戸時代、忠義を重んじる武家社会では変心はダメ!だからって紫陽花を嫌うな
んて・・・(笑)

逆に人のこころをあじさいの花に例えたのが、萩原朔太郎。
ずーと昔・なんでこの詩に惹かれたのかな・・・。

  こころ

 こころは なににたとえん
 こころは あじさいの花
 ももいろに咲く日はあれど
 うすむらさきの
 思い出ばかりはせんなくて
 こころはまた 夕やみの園上のふきあげ
 音なき音の歩むひびきに
 こころはひとつによりそいて 
 かなしめどもかなしめども 
 あるかいなしや
 ああ このこころをば なににたとえん
 
 こころは ふたりの旅人
 されど  道ずりのたえて
 物言ふことなければ
 我がこころはいつも
 かくさびしかりけり

    萩原作太郎

〜〜〜〜・〜〜〜〜〜〜

ご存知のように、FM いるかは今年20周年!
7月に入ってから「人ネットワーク」のお客様には、色紙に記念のメッセージを
いただいてます。
開局当時からいるかをご存知の方もいらっしゃれば、この町へ越してからまだ一
年足らずという方も。
そうしたやりとりの中から感じるのは、このまちが動き続けてるってこと。
この20年いろんなことがあったでしょう?
私も♪(笑)

長年お話を伺ったり、メッセージやお便りをいただいてる私が願っているのはひ
とつ。
気がついたらいつも傍らにいたね・・・って。

〜〜〜〜〜・〜〜〜〜〜〜

変化の激しい世の中だしこころだって移ろいやすいけど、移ろいながらどこかで
結ばれてるってこともあるんじゃない?
そーだったらいいなあっと。(笑)
七月は文月。
ちゃんと言葉に記さなくっちゃね。

「書中お見舞い申し上げます。
    &
 FM いるか ・これまでも これからも♪」

  文月に筆不精反省!つれづれ@あつこ
posted by やまがたあつこ&FMいるかスタッフ at 18:21| つれづれ@あつこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。