毎月第3水曜10時15分からは身近なロシアベリョースカクラブラジオ版
今月は船矢美幸さんにお越しいただき、「ロシアで俳句」をテーマにお送り致しました。


船矢さんは、2006年にサンクト・ペテルブルクで行われた「白夜の未来遺産展」に俳句を出展され、
さらにご自身も出席されたということで、その当時の様子や俳句についてなどなど、色々とお伺いしました。


こちらは展示会に出席された際の思い出のアルバムです。
俳句は日本語だからこそ伝わる独特の文化とも思われますが、
実際に通訳を通してロシアの方々に紹介したところ、共感してくれる方も多くいたそうですよ。

船矢さんは、ロシア極東連邦総合大学函館校にやってくる留学生に華道を教えたり、
留学生の名前を読めるようになるためと、ロシア語講座を受講したりと、
地域の中でロシアとつながる活動をしています。

極東大で行われているベリョースカクラブでは、身近にロシアを体験できるので、
ぜひ地域の方々にも参加してほしいとメッセージをいただきました。

これからも船矢さんは、俳句など日本の言葉を通して、日本の美しさを伝えていきます。

船矢さんが「船矢深雪」のお名前で函館の俳句を詠んでいます。
風わたる街~箱館から函館へ~
2008年発行
著者:船矢深雪
発行所:株式会社美研インターナショナル
発売元:株式会社星雲社
本体1,000円+税


2011年の身近なロシアベリョースカクラブラジオ版の放送は、今日が最後です。
また来年の放送もお楽しみに!