2010年01月17日

「寒中お見舞い申し上げます」


新雪が日差しに輝いてとっても綺麗!
寒さがい和らいだ日曜の朝・いかがお過ごし?

今年の雪の多さや気温の低さに、「子供の頃を思い出すなあ〜・昔はこんなもん
だったよ。」と仰る方が少なくありません。
冬は寒い・雪が多い・・そうでしたね〜。
昨日も雪かきをしながら、ご近所とそんな会話を交わしました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜・〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「ここ・懐かしいな〜・こんなお店があったねえ・おしゃれな女性がいっぱい
だったんだ〜!」
タウン誌「街」新春企画展会場に入ると、そんな会話がいっぱい!
60年〜70年代の華やかなりし大門を、女性達を通して覗いてみるのも楽しい
ですよ。
「街」を彩った女性(おんな)達」是非・会いに行ってくださいな♪


港から開けていった函館・いにしえの華やかさを象徴するのが、西部地区に残さ
れた「蔵」の数々です。
住む人がなく朽ち掛けたかのように見えた「蔵」がギャラリー&カフェとして
蘇ったのは、本当に嬉しいことです。
電車通りから坂道を登り、たどり着いたお店の前に立って、「中はどんなだろ
う?!」とわくわく♪
扉を押して・・・「びっくり〜!」

質屋さん当時の豪華さが随所に見られて、う〜ん・函館のお金持ちって凄かった
んだあなんてね。
その贅沢な空間に、小宮さんの静かで和らぎの世界が漂っています。
暖かいお茶でも飲みながら空間に身をゆだねていると、悲喜こもごもの当時も浮
かんでくるみたい・・・。

時代(とき)を重ねた「空間」には、「あの顔・この顔」がいっぱい。

大門&西部地区・空間への旅はいかが?

〜〜〜〜〜〜〜〜・〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
あれっ・「プレシャス」ってどんな意味だっけ?
ちょっと辞書を・・・。
(時間など)大切な・貴重な・大切な・・・ですって。

今回の旅のご案内はJRの堀さん。
「ソウル」への納得・お得プランでしたね。

本場の焼肉の美味しさもさることながら、市場の賑わいも楽しいんですって。
東大門は夜中もショッピングが楽しめるそうですよ。
エネルギッシュソウルも、満喫してみたいなあ。

食べて・観て・遊んで・地元の人と交わって・・・お得な「空の旅プラン」で
「貴重」な時間を「大切な」思い出に♪
ご利用くださいませ。

〜〜〜〜〜〜〜・〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

一月も半分が過ぎました。
寒中見舞いを出さなくちゃ・・・と思ってたら、「あれ・寒が明けちゃった!」
なんてね。

20日は大寒・今のうちに・・・「寒中お見舞い申し上げます!」

  お便り@あつこ

  
posted by やまがたあつこ&FMいるかスタッフ at 11:58| Comment(0) | つれづれ@あつこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。